病院でピルを処方してもらうならトリキュラーがおすすめ

カプセルと葉

これから避妊のためや生理痛軽減のために低用量ピルを試してみたいという方がいたら、トリキュラーがおすすめです。

まずは、トリキュラーの避妊効果を詳しく知る必要があります。
トリキュラーは第2世代の低用量ピルで、3種類の錠剤が用意された3相性のピルです。
1相性のピルがすべての錠剤に同じ量の女性ホルモンが含有されているのに対し、3相性のピルは3つの錠剤それぞれが異なった量の女性ホルモンを含有しています。
この3段階に分けられたホルモンによって、より女性の体に負担の少ない、自然なホルモンバランスで排卵を抑制し避妊効果や生理痛の軽減効果を発揮するため、1相性のピルに比べてトリキュラーは不正出血などの副作用が少ないといわれています。

ではこのおすすめのトリキュラーはどこで購入できるかというと、日本国内では病院を受診する必要があります。
女性ホルモンの薬ですので、婦人科・産婦人科で主に処方されています。
現在では多くの婦人科・産婦人科でピルの処方は行われていますが、まれに取り扱っていない病院もありますので、事前に電話かホームページで確認してから受信することをおすすめします。

病院では簡単な問診だけで処方してくれるところもあれば、血液検査までしっかりやってから処方するところもありますので、検査内容と検査料もあらかじめ確認しておいたほうが良いでしょう。

もし、病院を受診せずにトリキュラーを手に入れたい場合は個人輸入で購入する方法があります。
この場合は個人輸入代行サイトなどを利用するのが手軽です。
多くは東南アジアの国から届きますが、成分や安全性は日本のものと変わりません。
しかし、はじめて使用する場合は体に合わなかったり副作用がでる可能性も否定できないため、何かあった時のために、最初の1回だけでも病院を受診したほうが安心といえます。