トリキュラーとモノカルボン酸とプラセンタについて

モノカルボン酸はカルボキシル基がひとつのものです。
モノカルボン酸で、カルボキシ基1つが結合したものは脂肪酸になります。
エネルギー代替物質となっている、モノカルボン酸トランスポーターが存在しており、脳実質内には消費系と細胞間の合成系が存在します。

コラーゲンとの並ぶ程の美容成分をもつプラセンタは、美容に関心の高い女性にとっても注目の成分の一つです。
健康という面からすれば、更年期障害の辛さを軽くするためにも、プラセンタの成分は用いられていたものです。
しかし不思議なことに、更年期障害治療として服用していたのが、メンタルのケアだけではなく、素肌まで美しくなってきたことで、美肌効果があるということもわかってきた成分でもあります。

医療機関でも使用されているプラセンタは、服用するにしても安全性が高い成分であるといえます。
上皮細胞成長因を含みますから、皮膚細胞の新陳代謝を促進させる作用が働きます。
線維芽細胞増殖因子であるFGFを含みますから、繊維芽細胞を活性化します。
これにより、コラーゲンは増えていくため、肌にはハリと潤いを感じられるようにもなっていきます。

低用量ピルのトリキュラーは、1サイクルが28日間になります。
トリキュラー21の場合の飲み方は、1シートを21日間で連続して飲み終わります。
そのあとは薬を休む期間が7日間になります。
このサイクルで薬の服用ペースを守ります。
トリキュラー28の場合もサイクル的には同じです。
薬の成分が入っていないプラセボ錠があるのが、トリキュラー28のタイプになります。
休薬期間の飲み忘れを防ぎ合い人にも、初心者の人などにも、最初はトリキュラー28の方が利用しやすいかもしれません。